2019.10.23

キャンピングカー的にも使えるお手軽な格納式テントはいかが?

日本ではピックアップトラックをレジャーで使うというシーンは一般的ではないが、大型の、たとえばバギーだったりカート、バイク、自転車のような、行った先で乗って遊ぶものや、調理に便利なコンロセット、マリンスポーツに使う道具、キャンピングカーとして使うためのキャンピングシェルなど、その時の行き先や用途に合わせて様々なものを荷台に積むことができるのが良いところ。

日本でも海外のように、国を挙げての連休ではない時にファミリー単位で連休を取ることができるようになれば、こうした使い方もよく見ることができるようになるかもしれない。

ピックアップトラックの本場とも言えるアメリカでは、荷台を便利に使うためのパーツや用品が無数にあると言ってもよい。ここではそうした用品の中から手軽に、しかもあればとても便利に使えるものを紹介しよう。

このハイラックスのデモカー自体は本サイトでは以前にも紹介したものだが、今回は荷台を使うというテーマで新たな装備が用意されている。
https://automobilesjapan.com/articles/detail/266

荷台の左右を囲むように装着されているのはUSシステムキャリアメーカーLEITNERデザインの試作品。ピックアップトラックに適したアタッチメントが豊富で「これは使える!」というアイテムが豊富に揃っている。装着例では運転席側には大きな防水ボックスを設置。ウェットスーツなどを収納するのにも便利だ。助手席側には小さな防水ボックスをふたつと、ガソリン予備タンク(未使用)を装備している。




もうひとつは荷台上のキャリアの上に装着された収納式テント。格納時のトップが樹脂製のカバーとなって、優れた耐候性を得ているALUDOAのルーフテント。横開きテント展開は、その開閉が非常に容易であることも特徴。窓などロッドを使う部分も極めて少ないため、テントの開閉はひとりでも可能なので手軽に使える。




HAZARD
http://t-style.webclo.jp
https://ameblo.jp/t-style-hazard/

■HILUX CUSTOM BOOK VOL.1 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING