2019.10.21

ハイラックスに米軍も米政府も認めた最強のペイント「LINE-X」を施工



★LINE-Xによるトータルコーディネイト

LINE-X塗装はさまざまな素材に塗布できるのも特徴。鉄やアルミ、ステンレスといった金属、さらに樹脂やコンクリート、木材まで。カーカスタムに応用できるのはこういった特性もあるからだ。デモカーの主なLINE-X塗装箇所は、荷台に始まり、前後バンパー、フロントグリル、ドアノブ4か所&リアゲートノブ、ドアミラーカバー&マスコットミラー、HILUXエンブレムなど。※LINE-X施工部分の写真は画像ギャラリーでご覧ください。



このデモカーの詳細については以下。
https://automobilesjapan.com/articles/detail/342

スノーモービルや除雪車を乗せてもキズが付かない荷台を探してLINE-Xに辿り着いたというお客さんの場合、過酷な冬の環境おいては、従来のベッドライナーだとすぐに破れたり割れたりしてしまうため、新車でハイラックスを購入した際に納車と同時にLINE-Xジャパンへ持ち込み、荷台に施工することに決めたという。同時に、YAKIMAのシステムキャリアの追加、タイヤ&ホイールの交換、2インチアップのサスペンションへの交換なども同社に依頼したそうだ。

同社では、LINE-Xのみならず、車両トータルでのカスタムを依頼することもできる。下記ウェブサイトにはLINE-Xを含めた様々なカスタム例が掲載されている。


LINE-X Auto Japan
☎048-793-0077
https://www.linex-auto.co.jp

■HILUX CUSTOM BOOK VOL.1 掲載記事より抜粋

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING