2019.10.17

なぜ?「即位の礼」パレードが延期になっても交通規制は実施!

本サイトでは先に「即位の礼」に伴って実施される都内の交通規制についてお知らせしましたが、今日(10/17)になって政府が天皇皇后両陛下のパレードを延期する方向で検討していることを明らかにしたと報道されています。

「即位の礼」期間中の都内の交通規制はスゴイことになりそう
https://automobilesjapan.com/articles/detail/323

今回話題になっているパレード(正式には祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ))は「即位の礼」の一部であって、それ以外の行事は実は予定通りに行なわれることになっています。したがって、パレードが延期になればパレード実施のためだけに計画されていた交通規制は無くなりますが、それ以外の行事に合わせて外国要人は来日するので、広い範囲での交通規制は予定通り実施されるわけです。

またパレードが延期になるかもしれないということで当日の祝日がどうなるのかが話題になっていますが、祝日が延期になったり、延期されたパレードが実施される日が改めて祝日になったりはしません。なぜでしょうか?

10月22日が祝日になることの根拠は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」に「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日は、休日とする。」と書かれていること。パレードが延期になっても「即位礼正殿の儀」は予定通り10月22日に行なわれるので、祝日が変更になる理由にはならないわけです。また、延期されたパレードが行なわれる日が決まっても、その日が祝日になることもありません。

実際に、10月22日が荒天だった時のために、パレードの予備日として10月26日(土)が決まっていましたが、26日は単なる土曜日のままで、延期されたパレードのみが実施されることになっていました。今回のパレード延期は、台風による各地の甚大な被害を考慮するということなので、もっと先の日程にパレードを延期しようということです。

PICK UPピックアップ

SPECIAL

RANKING